お知らせ

お知らせ

【日本最大級の教育システム】ロボットスクール受講生募集中!

2019.08.07

日本ロボット産業の成長性

日本のロボット産業は、86000億円(2011年)から2020年には2.4兆円へと成長目標としています。そのうち製造分野(産業ロボット)は1.2兆円が見込まれています。就業人口の減少及び、生産向上の切り札として産業ロボットのニーズが拡大しており、国の施策としても推進しています。

双腕型ロボットや視覚センサーなどを活用した次世代ロボットによる適用領域の拡大もしております。

ロボットの定義と目的による分類

ロボットを目的や使用場面と見た場合、産業用ロボットとサービスに大きく分類されます。(経産省)

産業用ロボット

▶主に製造現場びよるモノづくり作業を行うロボット。現在はロボットの生産額の90パーセント以上を占める。

サービスロボット

▶医療、介護、宇宙、災害、掃除、案内、警備、アミューズメントなどの分野で役立つロボット。これから大きく成長する予測。

ロボットの機能と適用工程・分野

教育用ロボットシステム

昨今の人手不足を背景に、日本の製造業ではロボットに期待が高まっており、ロボット教育はますます重要になっております。
ロボットの活用に積極的であった自動車機械・電機以外に、食品や薬品といった分野をはじめとする様々な分野でロボットの導入が進んでおります。

産業用ロボットを操作するには労働安全衛生法に基づく「産業用ロボットの教示等の業務に係る特別教育」を受講することが必須です。

労働災害を防止するためにはリスクアセスメントを実施し、機械・設備の本質安全化、有害要因の除去等の物的対策が基本ですが、すべての作業にこのような対策を立てることは困難です。

したがって、機械・設備や作業方法に関わる安全衛生について、知識・技能を十分に教育する必要があります。

ARA(ASKA ROBOT ACADEMY)は日本最大級のロボット教育システムを導入しております。

ロボット操作教育スタンダードコースは、労働安全規則第36条31号に基づいた安全教育(産業用ロボットの教示等の業務に関わる特別教育)を実施し、その受講者に特別教育修了証を発行しております。

MIRAI-LABロボットスクール

弊社のロボットスクールを受講するメリットとして、大きく4つあります。

①お客様の希望するお日にちで受講することが出来る。
②実際の現場同様の設備が備わっているので、実務に役立てられる。
③ハンドリングロボットコースや、スポット溶接ロボットコースなど、お客様に合わせてカリキュラムを組むことが出来る。
④同じ企業の皆様だけの少人数や、個別での受講ができる。

スクールの風景

▷座学の様子。実際に起きた災害事例や、ヒヤリハットを紹介しながら産業用ロボットの安全について学びます。

▷工場見学も行います。アスカ豊田工場の設備は充実しています。

▷ロボットにペンを持たせハンド命令を行っています。ポイントを取って絵をかきます。

▷ハンドで、ペットボトルを掴み、コンベアに載せます。ロボットスクールではFANUCの垂直多関節型ロボットを使用し、参加者全員がプログラムの作成を行います。

ロボット

FANUC:LR Mate200iD /川崎重工業:RS080NFE02、duAro /安川電機:MS165 /ダイヘン:アルメガFD-B6+WelbeeM350

特徴

すべてのロボットはシステムになっており、ロボット周辺機器を含む実践的な講習が受講できます。

※ご要望に応じてロボットを選択することも可能です。

会場

アスカ株式会社 ロボットシステム事業部

愛知県豊田市中根町大切50-1

お知らせ