お知らせ

お知らせ

【CADによる設計】機械設計の2D、3Dモデリングのメリット、デメリット

2021.01.26

CADとは、「Computer Aided Design」の略で、コンピュータを用いて設計すること、または支援ツールにより、製図を行うシステムのことを言います。システムインテグレーションには機械製図用CADと電気、制御製図用CADが使われます。

使用されるCADでは、2D(2次元)・3D(3次元) CADがあります。X,Yで描くものを2D(2次元)といい、基本的な製図のレイアウトとして正面図、側面図、平面図を描き、X,Y,Z で描くものを3D(3次元)といいます。3つの座標軸にそれぞれ回転角度があり、6軸または6自由度といいます。これは物体の運動や部品の配置などでは必要になります。
主に2次元CADはものを製作するための製図をする際に用いられ、3次元はデータモデルとして、もののイメージや、形状を正確に表す際に用いられます。

注意事項

CAD設計をする際に同一のCADソフトかつ同じバージョンで行われていれば問題ないですが、違うソフトやバージョンの場合は図面確認をする際に以下の様な問題が出てくるので注意が必要です。

● 機能が使えない(履歴属性や部品情報が無い)。
● 各部品モデル要素が一体で部品単位にならない。
● 形状変更ができない。
● モデルデータが欠落している。

従って、複数の企業間でCADデータをやり取りする場合は、データをどのような型式フォーマットで行うか事前に確認しておかないと、受け取ったデータでは変更ができなかったり、見ることさえもできない可能性があるので注意が必要です。

CADと製図技能

CADは製図ツールです。設計者が、設計した部品をどの様に加工し組立て製作したいか正確に表現し、相手に間違いなく伝えるためのツールです。従って、製図手法を用い図面を作成することとなります。

製図は、JISで規格化されており、規格に準じて図面を作成する必要があります。製図にあたっては、基本技能として国家資格の機械プラント製図技能、電気製図技能が必要です。

種類

FA、ロボットシステム設計用としての機械CADソフトウェアは以下のようなものが参考として挙げられます。

■2D CAD

・AUTO CAD

■3D CAD

曲面やウネリ形状に強いハイエンド
・CATIA (Dassault Systems)
・Creo (PTC)
・NX (Siemens PLM)
・I-DEAS (Siemens PLM)

ミッドレンジ
・Solid Works
・Inventer (Auto Desk)
・I-CAD/SX (富士通)
・Iron Cad (クリエイティブマシン)など

特徴

3D CADのデータ作成方法には以下のようなものがあります。

・ソリッド

ソリッドモデル

頂点・線分・面で構成された体積を持つ立体モデル。フィーチャーを積み重ねて、足したり、除去したりして立体を作成するので、粘土細工をイメージしてもらうとわかりやすと思います。

中身の情報があるので、体積や質量の計算、部品同士の干渉の検証なども可能です。そのぶんデータ量が多くなり、パソコンでの処理に時間がかかるというデメリットがあります。

・サーフェース

サーフェスモデル
板厚を表現しない自由曲面の表現設計に使用します。風船のように生身のない立体をイメージしてもらうとわかりやすいと思います。

中身の情報がないので、体積や質量の計算、部品同士の干渉の検証などはできません。そのため筐体設計の過程で使用することが多く、最終的にソリッドモデルに変換することが一般的です。サーフェスモデルは、自由曲面の多いキャラクターやインテリアなど、デザイン系が得意な表現方法です。
・ワイヤー

ワイヤーフレームモデル
データは軽いですが、角や、端面の線表現のみとなります。また、線のみなので向こう側の隠れた線も見えるため、見えずらくなります。

3D CADにはデータが大きく、動作が重くなりがちな自由曲面に強いCAD、データが小さく動作が軽いCADがあるため、目的と描きたいものにより、選定する必要があります。

選定

■2D CAD

【メリット】
価格的に安価。手書き製図していた設計者の代替ツールとして手軽に利用。

【デメリット】
奥行き、厚さ方向を設計者が理解しておく必要がある。

■3D CAD

【メリット】
設計検討スピードの向上。重心や、重量が正確にわかる。斜め方向の空間的な計測が可能。

【デメリット】
回転やスライドを表現する場合、各パーツの位置決めをする拘束機能を必要とする。

その他知っておく事項

CADデータをやり取りする場合、データファイルフォーマットが存在します。DXF(多くのCADソフトとやり取りが可能)やDWG(AutoCadのフォーマット)などです。

その他、3次元CADではソフト毎にフォーマットが存在しますが、やり取りする場合IGES、STEP、STLなど中間フォーマットがあり、それらを介してデータのやり取りをすることができます。

注意点

3D CADにてソリッド設計をする上での注意事項として以下の様な点があります。

● 二つの部品をボルトやリベット締結する場合、二つの部品の穴が相違していても表面から見えないため気付かないことがある。
● 二つの部品間に極小隙間が空いていても気付かないことがある。
● データの基準点のとり方。

MIRAI-LABでは…

MIRAI-LABでは機械設計職を募集しております。

機械系学科の出身者、ものづくりが好きな方、名古屋駅、駅ビルで働きたい方、2D、3D CADの経験がある方!詳しくは下記ページからご応募下さい。
※アルバイトも受け付けております。ご希望の方はご相談ください。

お問合せ

    お知らせ